講演「いろいろな味を感じて豊かに食べる」を実施しました@長野県佐久市

2017年2月24日、長野県佐久市の佐久合同庁舎にて、
講演「いろいろな味を感じて豊かに食べる~味覚を学び体験しよう~」
を実施しました。

講演は大盛況で、約130名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

長野県は食塩摂取量が非常に多い県(全国第2位)のため、
佐久地域では「“さく”っとうす味みんなでキャンペーン」と銘打って
減塩活動に取り組んでいます。

本講演では、「味覚と減塩」に関する内容を中心として、
また一方的な講義だけではなく、
薄味のかっぱえびせん(1才からのかっぱえびせん)と
普通のかっぱえびせんの食べ比べ等の体験も多く行いました。

※減塩に関する内容については、姉妹ブログ「味覚ステーション」の記事をご覧下さい。
減塩食品がおいしい理由は?~食塩摂取基準と塩味増強技術~

 

日本味覚協会の「理念」にも記載がありますが、
味覚が衰えると、塩味を感じにくくなり、結果として塩分を摂り過ぎてしまいます。
味覚を鍛えることが減塩/健康につながると考えていますので、
このような減塩活動/健康への取組について、
当協会はこれからも全面的にご協力させていただきたいと思います。

 

最後になりましたが、講演の参加者の皆様、並びに
大変お世話になりました佐久保健福祉事務所の関係者の皆様、
本当にありがとうございました。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト